I'LL BE PARTNERS Inc.

経営コンサルティング・事業再構築・企業再建
ご相談はこちら

I'LL BE PARTNERS Inc.の理念

経営、事業、営業、資金繰りなど無料で診断します
ご相談からコンサルティングまでの流れ

TOKYO OFFICE

本部 九段下事務所
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-1-7
カーサ九段5F
TEL:03-6261-5457
FAX:03-6261-5987
新宿事務所
〒160-0023
東京都新宿区西新宿4-7-7
フェリス西新宿1F
TEL:03-6276-7074
FAX:03-6276-6802
大阪事業所
〒530-0047
大阪市北区西天満3丁目1番6号
辰野西天満ビル2F

経営革新を成功させるために大切なこと

経営環境の変化に伴い、経営革新が必要だと考えている経営者は多いと思います。経営革新には必ずリスクが伴いますが、会社を大きく成長させる可能性も秘めています。

理由を明確にする

会社で経営革新を行うのは、何かしら理由があるはずです。経営環境の変化を見据えて、経営再建のための理由を明確にしましょう。経営者の思いや希望だけで経営革新計画を進めても、周囲の人を不安にさせるだけです。明確な理由があれば、会社が一丸となって同じ目標に向かって進むことができます。

実現のプロセスを考える

経営革新とは、新たな事業へ着手し、新しい商品やサービスを開発して提供することです。これを実現させるためには、現状のビジネスプロセスを見直し、新たなプロセスを構築しなければなりません。
経営革新に伴う問題点の洗い出しや必要な資金の調達方法を確認し、実現可能なプロセスを考えましょう。

従業員の同意を得る

会社を動かしているのは経営者だけではありません。従業員が真面目に働いてくれるからこそ、会社の経営が成り立っています。そのため、経営革新を実行するためには従業員から同意を得る必要があります。経営革新を行う理由・内容・今後の経営方針を具体的に説明し、全員が同意してくれるまで説得しましょう。 これまでと業務内容が大きく変更する場合や、他部署との調整が必要な場合は、すぐに同意しない従業員も出てくるでしょう。経営革新計画を細かくプランニングし、経営計画書を作成して経営者の意思を伝えることが大切です。

事業再構築が経営革新の鍵になります

これまで取り組んできた事業だけでなく、6次産業化、知的資産経営をするなど、想像もしなかった事業、価値を見出すことが無かった事業を見つけ事業再構築することが経営革新になります。そのためには、上記のようなメンタリティ以上に「整合性のある戦略や戦術」が重要です。
何ができて何ができないのか、どうすれば顧客の利益を確保し喜んでもらえるのかを正確に判断することが、戦略や戦術に整合性を持たせることに繋がります。

日本経済を再生し、産業競争力を強化することを主たる目的とした産業競争力強化法。産業競争力強化法は、事業の発展段階に合わせた支援策を企業が利用することにより、事業者の方々の主体的な経営課題の解決や更なる成長につながることを期待しています。経営革新計画や経営改善計画に織り込んだり、タックスプランニングに活用してみることをおすすめします。当社では、新事業の展開や長期経営計画のご相談なども承っておりますのでお気軽にご相談ください。