I'LL BE PARTNERS Inc.

経営コンサルティング・事業再構築・企業再建
ご相談はこちら

I'LL BE PARTNERS Inc.の理念

経営、事業、営業、資金繰りなど無料で診断します
ご相談からコンサルティングまでの流れ

TOKYO OFFICE

本部 九段下事務所
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-1-7
カーサ九段5F
TEL:03-6261-5457
FAX:03-6261-5987
新宿事務所
〒160-0023
東京都新宿区西新宿4-7-7
フェリス西新宿1F
TEL:03-6276-7074
FAX:03-6276-6802
大阪事業所
〒530-0047
大阪市北区西天満3丁目1番6号
辰野西天満ビル2F

事業再生を成功させるポイント

大切な会社が窮地に追いやられたときも、経営者様の前向きな姿勢が新たな道と可能性を切り開きます。
事業再生を成功させるためには、どのようなことをポイントとして考えると良いのでしょうか。

経営戦略や事業戦略の見直し

事業の成立に最も重要な視点と位置づけることができるのが、「戦略」です。事業再生の実行は、自社の経営理念や事業計画に対して、どのような戦略で取り組んでいるのかを見直すことから始めます。 自社の製品・商品・サービスが継続して提供できる状態を持続するためには、提供者・受け手・市場・環境が整っていることが非常に大切です。さらに、事業再生には金融機関などからの支援や協力が必要なるため、それを引き出すための方法や取り組みにも的確な戦略を打ち出す必要があるのです。

財務管理と法務管理

事業の成立には、財務面と法務面がしっかり管理できていることが重要となります。経営者がその知識や情報を持っていることが理想的であり、今後の会社経営には不可欠な要素となります。財務管理と法務管理をしっかり行うことで、今回窮地に陥った原因の把握と対策の検証、さらに将来的な事業の見極めができます。また、事業再生を行う状況では、会社全体として状況を把握することも大切になるため、財務面と法務面の情報を共有し透明性を確保することも必要となります。

第三者機関の活用

太刀打ちできないように思える物事に対しても、「三本の矢」の考え方で味方を持つことが大切です。最近では、事業再生に関しては中小企業再生支援協議会や企業再生支援機構など、各種支援スキームの活用が主流となりつつあります。特に判断においては、様々な交渉や判断に第三者機関の関与を受けることで、その恣意性が排除または軽減されるため、同意や支援を受けるパーセンテージにも影響すると考えられるからです。 また、交渉や法的整理においては債務者企業の代理人としての弁護士の存在が必要となります。 以上の理由から、的確なコンサルティングからアフターフォローまでを一括で対応できるパートナーが事業再生には必要です。

当社は、事業再生支援業務と企業成長支援を通して、理想的な事業再構築を実現へとつなげる経営コンサルティング会社です。その他、事業多角化やM&Aによる事業承継についてのご相談も対応させていただきます。 経営者目線で前向きな対処法の検討を一緒に行い、事業・法務・会計の3面からしっかり経営をサポートいたします。問題に直面している経営者様や、不安を抱えている経営者様も、まずはお気軽にご相談ください。